熊🐻🐻🐻熊 ”話題の彼ら”  フィールドサインを探せ!! 富士山麓の森にて

富士五湖・伊東・芦ノ湖の情報

こんにちは。富士五湖地域担当スタッフのなるたかです。今年は11月に入っても暖かい日が続いていましたが、後半に入ると富士五湖地域は朝晩はしっかり零下になるようになり、暖炉が活躍し始めました。今回は、そんな秋の終わりの森で見つけた、「フィールドサイン」について書きたいと思います。

<フィールドサインとは?>

フィールドサインとは、野生の動物たちの姿そのものではなく、足跡や食事をした痕(食痕と言うそうです)、フンなど動物がそこにいたことを示す証拠のことを言います。

このような知識はこのエリアではすーっと入ってきます

森の中の営みは知らないことだらけ、少しずつでも積み上げていきたいです

真冬になり雪が積もれば、雪の上に残った足跡を探すのは簡単ですが、雪のない秋の森の中でも、意外とたくさんフィールドサインを見つけることができました。今回は、富士桜別荘地から歩いて行くことも可能な「富士山科学研究所」の森の中を歩いてきました。この研究所主催の子供向けの講座でみんなで探したサインの写真を撮らせてもらいました。

解説は後ほど

どこにでもあるアカマツの写真・・・

<定番?の…>

まずは、別荘地周辺ではおなじみのフィールドサインのひとつ、ずばり「フン」です。別荘地内の森の中を歩けば、かなりの高確率で目にします。あちらにぱらぱら、こちらにぽろぽろ、黒くて小さいコロコロがたくさん落ちています。これはたいてい鹿のフンです。近隣のゴルフ場は、鹿さんたちの行動エリアになっているので、このフンを集めるのも業務のひとつだそうです。今回は富士山科学研究所に展示してあったものの写真です。

さらっとしていったご様子

テンは岩のすきまや木の洞に住んでいるそうです。

こちらはテンのフン。自分の存在を示すために、ベンチや切り株の上など、目立つところにフンがあればたいていテンのフンだそうです。中に果物の種など消化できなかったものが入っていることが多いので、判断しやすいようです。

<誰かさんの食事の痕>

こちはら、鹿さんの食事の痕。木の皮をきれいに剥がして食べています。冬場の餌が少ない時期などは木の実や芽だけではなく木の皮も食べるそうです。林業をされている方などは、せっかく植えた苗木の皮を鹿が食べてしまう、食害に悩まされていると聞きます。

松は安心してますが松くい虫には気が抜けません

鹿の首が届く範囲だけ見事に食べられています

こちらは本物かどうか確定できませんが、耳が長くて可愛らしい、ぴょんぴょん跳ねるあの小動物の食べた痕(と思われるもの)。

どれなんだ??という声が聞こえそうですが・・

私の指のさきそばの緑色の茎です!見えますか??

背の低い木の、芽がかじられた痕があります。枝が斜めにすぱっとかじられた痕が見つかればわかりやすかったのですが、こちらはあくまでも想像です。

元の形がわかりませんね

笠がなくなると大きさが5分の1程に・・

こちらは、なるたかが別荘地暮らしを始めてから知った、通称「森のエビフライ」。リスが松ぼっくりのかさをかじって中の種を食べて残ったものです。なるたか宅の子どもは、これをバケツ一杯拾ったこともあります。きっと近くに大食いのリスさんがいたのでしょう。

松の実も大きいのでしょうか、気になります。

大きいですね~右端のペットボトル不思議じゃないですか??

研究所内には、他にもリスが食べた穴のあいているクルミの殻が展示してありました。

クルミは人間にも大人気ですね!

ここら辺のクルミは殻が固いので、よりリスの牙の強さを実感します

<不思議なギザギザ>

森の中だけでなく、別荘地内でもたまに見かけるのがこちら。イノシシの堀り痕です。

根っこみたいです、彼らが探しているのは

この堀りあとですが、まだまだ可愛いものです。早朝出勤ついでにゴルフ場を見てみると、たまに広範囲にこれでもかっ!という無数の穴を見かけることがあります。時間がたつときれ~いに元通りになっており、コースメンテナンスの大変さうかがい知れます。

イノシシは、鼻で地面を掘り進めながら土の中の餌を探すので、道のわきなどにギザギザに痕がつきます。秋は落葉が積もっているので、不自然に黒い地面が見えていれば、イノシシの掘り痕である可能性が高いです。ゴルフ場では芝生を掘ってしまうので、悩みの種だそうです。

<衝撃!>

そして今回一番の衝撃を受けたのが、こちら。

見えますか?縦のラインです。

サインが見えますか?

最近話題の毛むくじゃらの彼らの爪の痕です。

そう、彼らは木登りが得意で、柿の木に登って実を食べたりしている姿も目撃されていますから、こんな高いところに爪痕がついていても不思議ではありません。しかし、この爪痕を見つけたのは彼らが好んで食べるドングリがなるような木ではなく、赤松の木でした。

あの巨体を爪をひっかけて持ち上げて登るその膂力、すさまじいです

もう見えますね。想像するととても怖いですね。歩いていたら上に熊が・・・絶対に遭遇したくないです。適度な距離をとれるように備えなければいけないと強く思います。

研究員さんのお話では。彼らが森にいるところに、人間がやってきたので驚いて急いで木に登って隠れたのではないかとのことでした。しかも、森の中一か所ではなく、複数の木に爪痕が見つかりました。研究所は、研究のために森の中に以前ご紹介したようなトレイルカメラを何台かしかけてあり、そこにも何回か熊の姿が映っていたと聞きました。

以前なるたかの記事でも出てきましたね

赤松の色に似てますね!

<森歩きの友>

そんな彼らと出会いたくはないので、今回なるたかはしっかりこれを持っていきました。

本物はもっと大きいですね

出会ってからの唐辛子スプレーよりまずはこれが確立を減らしてくれるでしょう

もっとしっかりした「熊鈴」があればよかったのですがなかったので、家にあった鈴で代用しました。余談ですが、なるたか宅の子どもが通う小学校の校則にはこう書いてあります。「ランドセルには、熊鈴はつけても良いがキーホルダーは不可」。(ちなみに、通学路で鹿や猿が目撃されると校内メールで保護者に注意を促す連絡が来ます。)

こんな看板もありました。森歩きするときは、「ツタウルシ」に注意。かぶれます。

かゆいですよ

たまにうちの家族はかぶれます。完璧に保護色ですよね。

今回は、動物たちの「フィールドサイン」について書きました。別荘地暮らしをお考えの方の参考になれば幸いです。

富士五湖で、別荘・田舎暮らしはいかがでしょうか?

富士五湖の物件☚クリック
今日もありがとうございました。

皆さまにとって幸せな1日でありますように

その他の「富士五湖エリア」関連物件をご紹介

 

***********information***********

【富士五湖エリアで中古別荘、田舎暮らし物件の不動産購入】のご相談はこちらへ

富士五湖エリアの中古別荘、田舎暮らし物件はこちらでご紹介しています
その他、関東甲信地方の、お買い得な不動産(中古別荘、中古住宅、田舎暮らし物件を専門)を取り扱っています。

本社と現地スタッフのネットワークでいち早く対応
田舎暮らし物件・中古別荘専門の不動産会社
日本マウント株式会社HPhttps://resort-estate.com/
住所:東京都品川区平塚2-5-8五反田ミカドビル3F
電話0120-404-432
営業時間
月~金 9:00~19:00
土日祝 10:00~18:00

ポータルサイトhttps://resort-bukken.com/
物件の売却相談https://resort-estate.com/baikyaku

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本マウント

日本マウント

お客様の「ありがとう」を増やすため、 日本マウント株式会社は、 山・海・川など自然豊かなエリアで、 古民家やログハウスの仲介・買取から、 販売・リフォーム・新築まで、 ライフスタイルに合わせた田舎暮らしを提案します。 resort-estate.com

ランキング

  1. 1

    【小美玉市】イトウ製菓 第一工場併設 工場直売所と隠れ家オシャレカフェ

  2. 2

    【千葉県 大網白里市】2024年2月オープン予定 古民家ヌードゥル 黒揚羽森住とCafe DRAGON

  3. 3

    身近で幼児から大人まで遊んで楽しめる「ジ・アウトレット湘南平塚」オープン

  4. 4

    【東金市】たぶん…世界一小さいチョコレート工場で爆買いしてきました

  5. 5

    【那須塩原】リフォーム済み!自然に溶け込むハンドカット・カナディアンログハウス。

  6. 6

    吹き抜けからの陽がぽかぽかと、明るい木のぬくもりの別荘  山梨県 北杜市「セラヴィリゾート泉郷 アンビエント八ヶ岳」

  7. 7

    角地に位置する平屋物件!「富士ドクタービレッジの奥行きのある4LDKの中古別荘」白を基調にした外壁に屋根付きデッキあり!

  8. 8

    絶景山荘(保養所)近日公開予定!快適な宿泊空間と自然豊かな環境が魅力

  9. 9

    “花と音楽、歴史の調べが交錯する「第18回新町ひなまつり」”

  10. 10

    富士ドクタービレッジ、フルリフォーム平屋300坪超え、富士山絶景を臨めるお買い得物件

最近の記事

  1. 思わず振り返る見返りの塔 国宝大宝寺三重塔 青木村

  2. “花と音楽、歴史の調べが交錯する「第18回新町ひなまつり」”

  3. 江ノ電を上った先の絶品イタリアン、アマルフィイ デラセーラで江の島絶景を愉しむ

  4. 【神奈川県 横浜市】暖冬で開花が早まっています!三溪園 第50回「観梅会」

  5. 吹き抜けからの陽がぽかぽかと、明るい木のぬくもりの別荘  山梨県 北杜市「セラヴィリゾート泉郷 アンビエント八ヶ岳」

  6. 久しぶりの大雪だ!~別荘地の雪暮らし事情~ 

  7. 「死ぬまでに一度は見たい絶景」湯西川温泉かまくら祭り

  8. 【那須塩原】リフォーム済み!自然に溶け込むハンドカット・カナディアンログハウス。

TOP