知的好奇心とアウトドア魂を満たしてくれる移住地・二地域居住地、八ヶ岳エリア

八ヶ岳・蓼科・北杜市の情報

皆さま、こんにちは八ヶ岳エリアコーディネーターの山田です。

清里の草原

清里では2月に数回積雪がありましたが、今は全て溶けています。

早くも三月、八ヶ岳山麓も、朝晩の冷え込みは続くものの、日中、暖かい日も

増え、外での仕事も日々楽になっています。例年よりも暖かい気もします。

清里を含め、八ヶ岳南麓の町に雪は殆んど無く少し寂しい?高原の景色です。

雪に馴染みのない都市部の方々の冬の観光地としては多少物足りなさを

感じるのではないでしょうか?

 

アウトドアアクティビティの先進地域八ヶ岳

八ヶ岳のリゾートとしての魅力は、やはり夏の避暑を中心に、春は各地、

各標高で長期間楽しめる桜の開花、秋の山一面を染める紅葉でしょうか。

南牧村のキャンプ場

八ヶ岳エリアではいつも混雑するキャンプ場と誰も知らない穴場キャンプ場が沢山ある。

近年はアウトドアアクティビティが盛んで、トレッキング、バイク、カヤック、

ボルダリング、ハイキング、キャンピングそして今のシーズンはスノーシュー

バックカントリー、スノーボード、スキーに代表されるウインタースポーツ。

これら全てのアクティビティは、この八ヶ岳山域を初め周辺の山岳で盛んに

行われており、必要とされる施設や設備も整っていて、手軽に始める事が

出来ます。又それぞれの専門家やその世界での第一人者も八ヶ岳界隈に

在住しており、アドバイスを受けたり、レッスンやパーソナルガイド、

登山のガイド役もこなす日々

小学生高学年の子供達と赤岳を目指す、こんな機会にも恵まれるライフスタイル。

同好会もあるので、初心者の方からその道を極めたい方まで充実した滞在を

約束出来ると思います。

 

自然との付き合い方を教えてくれた雑誌「BE-PAL」

私自身幼少のころからアウトドアに親しみ、休みと云う休みをキャンプや

トレッキングに費やし「BE-PAL」をバイブルに少年時代を自然と共に過ごしました。

私が育った神戸には、六甲山があり、海は姫路に淡路島、福知山に、滋賀の琵琶湖、

大小多くのアウトドア施設や環境が整っていました。

 

小学館から出版のアウトドア専門誌「BE-PAL」

何十年ぶりに手に取った「BE-PAL」は価格1200円、小学生の頃、確か300円程度だったはず。多分付録があるからだろうか、付録はコンパクト焚火台でした。

「BE-PAL」は元祖アウトドア月刊雑誌で1981年に小学館から創刊され今に続くロングセラー

マガジンです。 当時は野宿、キャンプ、無人島、カヤック、メールオーダー、ナイフ、

川遊び、海遊びと云ったキーワードを手繰ると必ず「BE-PAL」に指南記事が出ていて、

学校生活以外は全てこの「BE-PAL」に教えてもらったと云っても過言ではありません。

高校生活の忙しさでアウトドア活動から離れてしまい東京でのサラリーマン生活を強制終了する

まで、「BE-PAL」の存在すら忘れてしまっていたのですが、八ヶ岳で移住生活を始めてから

図書館をのぞくと懐かしい雑誌、この「BE-PAL」が書架にバックナンバーも豊富にそろえてあり

感動の再会(笑)を果たしたのです。

 

インターネット普及以前の海外通販の経験

小学生当時、通信販売と云えばメールオーダーで、インターネットもアマゾンも無い時代。

COLEMANやLL.BEAN、ORVISと云ったアウトドアギアブランドのアイテムを手に入れる

為には、気が遠くなる時間と労力が必要でした。 先ず初めに、カタログをジェトロ

(日本貿易振興機構)のオフィスに行って見せてもらい品番と価格を書き出し、

英語塾でオリベッティのタイプライターを借りてオーダーレターを書き、国際郵便小為替を

同封して何カ月も待つと云うのが普通でした。当時(インターネット普及前)の日本製の

アウトドアアイテムはお世辞にもデザインや機能についても納得出来るものは少なく、

欧米のアウトドアブランドの製品情報などはこの「BE-PAL」の特集記事や指南書ハウツー

記事を参考に友人たちとトライ&エラーを繰り返したことを懐かしく思い出します。

LL.BEANのロゴが入ったオリーブドラブ色のレインブーツ(当時は長靴)を注文して

三ヵ月後にやっと到着し包みを開けると花柄のレーディス長靴が届いてがっかりした事も

いい思い出です。

 

八ヶ岳に集まる日本の著名ナチュラリスト達

アウトドア用品の情報だけでなく、当時(現在も)著名なナチュラリストや

自然派の作家、自然科学の研究者や学者の連載記事も多く、多感な時期の

私の素養や思想面にも影響を受けたと思います。

森暮らしの家 田淵義雄

お隣の村、川上村に在住されていたナチュラリスト田淵義雄氏、薪ストーブについては彼から学びました。

昨年他界された作家でカヌーイストの野田知佑氏を初め、アメリカのロング

トレイル文化を日本に紹介した著書「メインの森をめざして」の加藤則芳氏、

アラスカを撮り続けた写真家、冒険家の星野道夫氏、ナチュラリストで木工家、

エッセイストの田淵義雄氏、作家の椎名誠氏、バックパッカーでエッセイストの

シェルパ斉藤氏。僕の多感な時期に沢山の事を雑誌を通して教えてくれた

ナチュラリスト達。八ヶ岳に住んでから知った事ですが、彼らの中にはこの

八ヶ岳周辺に在住されている(されていた)方々も多く、その他にも

ピオレドール賞(優秀な登山家に贈られる国際的な賞)を受賞された

登山家や著名な自然写真家もこの八ヶ岳に在住し世界で活躍しています。

長い旅の途上 星野道夫

アラスカに全てを捧げた写真家、星野道夫氏

 

八ヶ岳の魅力、根源は連峰の多様性と岳文化

雄大な自然環境と東京への良好なアクセス環境のバランスが整っている為、

自然環境に関わる文化人やビジネス関係者が多く居住しているのではと

思います。勿論、登山文化においても八ヶ岳は特筆すべき山岳で、

小屋の数の多さと八ヶ岳連峰を成す、主峰赤岳(2899m)を初めとして、

南北八ヶ岳を合わせて考えると北は蓼科山(2530m)から南端編笠山

(2524m)まで合わせると20以上の峰の連なりのスケールがあります。

夏の南八ヶ岳

八ヶ岳はいくつもの峰の連なりが登山者の心を搔き立てる。

夏沢峠を境界に北八ヶ岳と南八ヶ岳に分かれており、南北の岳はそれそれまったく

違った様相を呈しています。

私も時間を見つけてそれぞれ峰を登ってみて感じるのは、山岳の多様性と

生態系の違い、それぞれの頂上からの風景、そして迎えてくれる山小屋の

ホスピタリティー、一つの頂きを目指すにしても豊富なバリエーションルート、

たくさんの登山者を魅了する理由かもしれません。

山小屋に附随した「テンバ」

山岳テントは、一般に利用されているキャンプ用とは違い、居住性も最小限で耐水性、耐風性に優れ軽量化されている、今は廃盤のPROMONTE 重量は2900g程度

私もいつかは、何日もかけて南北八ヶ岳の幾重にも連なる峰を

縦走したいと思っています。

八ヶ岳の山小屋

赤岳に向かう登山道の分岐にある行者小屋、シーズン中は大変賑わう人気の山小屋

北杜市はそんな八ヶ岳の山麓の一等地(南麓)に位置しているのですが、

町(ちょう)によって山容が違う為、それぞれの地区によって崇める峰

(もしくは親しみを持つ峰)が違います。

編笠岳にある青年小屋

大好きな山小屋の一つ、緊急時は避難者も受け入れてくれる、山小屋とはいえ登山者の灯台

例えば小淵沢町からは、編笠山(2524m)が美しく見え、小学生たちの

登山遠足に選ばれています。

編笠岳2,524 m

小淵沢町から編み笠の形そした美しい山容の山

大泉町は天女山から前衛前三ツ頭、三ツ頭を経てたどり着く権現岳 (2,715 m)を

信仰の対象としています。

高根町は其々地区によりますが私の住む清里からはやはり赤岳の山容が美しく、

躑躅の咲く「美しの森」から入山して羽衣池を抜けて牛首山、

そして新教寺尾根の難路を経てたどり着く赤岳の頂は、それなりに険しい

山行ですが達成感があります。

美し森

時期にはレンゲツツジが咲き乱れる美し森、この先に羽衣の池、そして真教寺尾根を踏んで赤岳へ

 

移住・二地域居住の面白さは地域文化への理解

幼少期から自然に親しんでいた私ですが、登山には全く興味が無く、

子供が通う保育園の先生から登山の魅力を聞き山に登り始めたのですが、

日々の生活に寄り添いながら楽しめる登山はやはり八ヶ岳山麓に住む

私たちにとってなくてはならない生活の一部だと思う次第です。

八ヶ岳周辺での自然への啓蒙

八ヶ岳エリアでは自然をテーマにした催しも多く、私たちを取り巻く自然について深く考える機会が得られる。

それぞれ移住をお考えの皆さまにお伝えしたいのは、その土地ごとに持つ

独自の文化を読み取る必要があると云う事、今回は八ヶ岳の岳文化に

フォーカスしましたが、それぞれの土地柄には気付きにくい文化の片鱗が

あります。

八ヶ岳の湧き水

八ヶ岳にはたくさんの湧き水がありますが、水場を管理し整備する地元の有志の方々がいて 私たちは自然の恵みを享受できるのです、感謝。

 

例えば、大きな河川のある地域には河川の現象にまつわる言い伝えや

仕来たりや暗黙のきまり事、海に面した港町にはその町の文化、

自然環境だけでなく、城下町や、独自の産業基盤による街の考え方や

行事に政(まつりごと)、巨大な寺社仏閣のある地域にはその地域の行政。

これらは、ローカルカルチャー(地域文化)や民俗学的多様性として、

それらが個々の村や町の特色となって、皆さまに魅力的に映るのでしょう。

南八ヶ岳次鋒権現岳

大泉町では権現岳(2,715 m)は信仰の山としてあおがれている。

是非皆さまにおかれましても、移住や二地域居住の様に、旅行では満たせない

知的好奇心を満たしてくれるライフスタイルを楽しんでください。

長々とお付き合いありがとうございます。

八ヶ岳山麓生活の日々をインスタグラムで紹介しています。
ご興味がございましたら、チェックしてみてください。

https://www.instagram.com/yatsugatake_foot/ になります。

よろしくお願いいたします。
それではご案内でお待ちしております。

八ヶ岳が近い場所で、田舎暮らしはいかがでしょうか?

こちらの物件が気になる方、お気軽にお問い合わせ下さい。
喜んでご案内いたします。

八ヶ岳(北杜市、茅野市など)の物件はこちら ←クリック

その他「八ヶ岳」関連物件をご紹介

***********information***********

【別荘、田舎暮らし物件の不動産購入】のご相談はこちらへ

八ヶ岳エリアの中古別荘、田舎暮らし物件はこちらでご紹介しています
ご相談は、日本マウントホームページの問い合わせフォームからどうぞ!

売却のご相談も承りますのでお気軽にお寄せ下さい!
本社と現地スタッフのネットワークでいち早く対応します

【日本マウント】田舎暮らし中古住宅専門の不動産会社です

東京都品川区平塚2-5-8五反田ミカドビル3F
営業時間 > 月~金 9:00~19:00 / 土・日・祝日 10:00~18:00
電話 > TEL:03-6451-3960
公式サイトhttps://resort-estate.com/
いなかも家探しhttps://resort-bukken.com/
物件の売却相談https://resort-estate.com/baikyaku

 

 

 

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本マウント

日本マウント

お客様の「ありがとう」を増やすため、 日本マウント株式会社は、 山・海・川など自然豊かなエリアで、 古民家やログハウスの仲介・買取から、 販売・リフォーム・新築まで、 ライフスタイルに合わせた田舎暮らしを提案します。 resort-estate.com

ランキング

  1. 北軽井沢から1時間のドライブで行ける秘境『毛無峠』

  2. 【東金市】たぶん…世界一小さいチョコレート工場で爆買いしてきました

  3. 八ケ岳エリアは本当に災害が少ないのか?

  4. 【那須高原】高原に咲く約200万本のひまわり畑。那須ハートフルファームへ。

  5. 地方移住 災害に備えるヒント 八ヶ岳エリアに災害拠点を持つ前に考えたいこと

  6. 身近で幼児から大人まで遊んで楽しめる「ジ・アウトレット湘南平塚」オープン

  7. 冬季は厳しい?標高1000m超え「美しの国別荘地」の環境・注意点をご紹介します。

  8. 都道府県魅力度ランキング44位の群馬県がなんと「移住地希望ランキングで第2位」!!

  9. GWの八ヶ岳エリアの賑わいと調査物件報告超優良物件富士見町のマシンカットログ、まるで新築!?

  10. 【小美玉市】イトウ製菓 第一工場併設 工場直売所と隠れ家オシャレカフェ

最近の記事

  1. 【千葉県 いすみ市】2024年オープン 手打ちそば 太東角萬 冷やし肉南蛮を太麺で!

  2. 【長野市若穂保科】絵に描いたような古民家物件

  3. 鹿沼市南摩ーキャンプと日帰り温泉の出来る施設「スノーピーク鹿沼キャンプフィールド&スパ」に行って来ました。

  4. 【茨城県石岡市】田舎でレストランが開けます!リフォーム済み物件紹介

  5. 【神奈川県三浦郡葉山町】日本茶専門店で頂く ボリューム満点のかき氷

  6. 群馬県安中市の「アイリスの丘」 ヘメロカリス園の美しさに魅了されて

  7. 【奥日光】苔むす原生林を歩き、神秘の湖「切込湖・刈込湖」へ

  8. 【千葉県長生郡長南町】子育て世帯におすすめ!懐かしさを感じる日本家屋でおもいっきり育児を楽しめる物件

TOP