令和元年が終わります


今年も残り僅かになりました。




今年は台風に悩まされた年でした。




お客様の売却希望物件にも多くの被害が出てしまいました。




また、購入希望のお客様も、計画が大幅に狂ってしまいました。




大自然の前には、私たちは人間は、如何に無力であるかを知らされたような気がします。




自然を大切にし、自然と調和して、自然に感謝して生きなければならないことを強く感じた一年でもありました。







台風による建物の修理は、幸いにも火災保険を使うことが出来ました。




弊社で別荘や田舎暮らし向き中古住宅を売買仲介したお客様は、原則として火災保険に入って頂いておりましたので、今回の修理に関しては事なきを得ました。




しかし、売却依頼を受けていたお客様の中では、うっかり火災保険に入っていなかった人もおり、弊社の助言やアドバイスが不足していたことを、深く反省しました。




火災保険は、大雪などによる雪害にも使うことが出来、リゾート地にある別荘や地方の郊外にある田舎暮らし向き中古住宅には、その加入は必須であると断言できます。




現在、別荘をお持ちで、まだ加入していない人は、早急の火災保険の加入をお勧めしたいと思います。







中古別荘や田舎暮らし向き中古住宅の場合、しっかりと手入れをし、きちんと維持管理をした分だけ、売却時には高く売れるものです。




地方や別荘地の土地の価格は一部の特別な地域、例えば北海道にニセコなどの地域をの除いて、年々下がっています。




やはり、定期的な修繕をして建物の価値を下げないことや、逆にリフォームやリノベーションをして付加価値を上げることが大切になってくると思います。




購入する多くのお客様も、リフォーム済やリフォームの必要がない物件を好む傾向が顕著にあります。




所有する別荘や住宅を大切にする気持ちこそ必要であり、そして具体的な行動こそ流通を活性化し、日本の田舎や別荘地を元気にすることだと実感しました。







弊社はお陰様で、台風などの影響がありましたが、昨年や一昨年よりも良い業績で今年を終えることが出来そうです。




これも、多くのお客様や取引先の皆様のお陰です。




心から感謝したいと思います。




皆様、良いお年をお迎えください。




そして、来年もよろしくお願いします。



















日本マウント

日本マウント

関東甲信の中古別荘、リゾート物件、 田舎暮らし物件の日本一を目指し奮闘中!! 

More Posts - Website